catch-img

スタッフの離職率が大幅改善! ES調査の結果に基づく”課題を絞り込んだ取り組み”とは 株式会社トランジットジェネラルオフィス

株式会社トランジットジェネラルオフィス


取材/砺波 敬之 文/宮本 紗和
※記載されている会社概要や役職名などは、インタビュー(掲載)当時のものです。ご了承ください

パンケーキブームの火付け役「bills(ビルズ)」などのライセンスブランドのオペレーション事業、「LEXUS(レクサス)」のコンセプトカフェ「THE SPINDLE(ザ・スピンドル)」といった、顧客体験型施設の空間開発プロデュース事業に定評があり、現在66ブランド105店舗を展開する株式会社トランジットジェネラルオフィス。「ライフスタイルに影響を与えられるような業態を発信し続ける」というコンセプトのもと、積極的な多店舗展開を行ってきたが、店舗数の拡大に伴って、店舗運営(オペレーション)スタッフの定着・育成という課題に直面することになる。ES調査を活用してこの課題解決に取り組む、執行役員 オペレーション事業本部長 木村学也氏、同部署コンサルティング&サポート 採用・研修シニアマネージャーの山下浩介氏にお話を伺った。

従業員満足度調査「tenpoket(テンポケット)」の導入理由を教えてください。

お話をお伺いした、執行役員 オペレーション事業本部長 木村学也氏、同部署コンサルティング&サポート 採用・研修シニアマネージャーの山下浩介氏


木村氏:当社は、この5年で店舗数が2倍に拡大しています。それに伴い、アルバイトを含めて年間1,800~2,000人を新規採用しているのですが、新人トレーニングの工数やコストが大きくなる中で、「スタッフの定着」や「業務効率化」といった問題の重要性も増してきました。そこでまず、自分たちの現在地点を客観的に把握できるツールはないかと探していたところ、従業員満足度調査「tenpoket」(以下、ES調査)を知り、導入いたしました。御社のES調査は、サービス業に特化した53万件のビッグデータに基づいて、今のチームの現状を偏差値という形で知ることができる点が特に良いと感じました。


サービス業界における自組織のポジションを把握されたかったということですね。

木村氏:はい。事業部を一つの単位(チーム)として調査を行ったのですが、それまでは何となく感じていた強みや弱みがデータとして如実にあらわれ、各部署の立ち位置が明確に把握できるようになりました。また、当社には外国人スタッフもおりますので、診断システムが英語対応をしていたのはありがたかったです。


ES調査の結果をもとに改善活動を行った結果、翌年の離職率が下がったそうですね。

全店長・シェフも含め総勢約300名が集う「経営方針発表会」で配布した冊子。ES調査の設問項目「ビジョンの明示」に該当する取り組み。クリエイティブに強い同社がつくる冊子は、ビジュアルが洗練されている。

​​​​​​​

山下氏:はい。特に、上司との人間関係が原因と思われる退職者が前年と比べて50%減少しました。
当社のES調査では、基本設問とは別に、オプションで人間関係・コミュニケーションに特化した設問を設けているのですが、その設問への回答やフリーコメント欄の回答から、部下に対する業務上のコミュニケーションについての知識が乏しいという課題が読み取れました。その為、幹部から一般社員までを対象とした研修を行いました。受講対象が多いので、まずは外部講師を招いて役員幹部に受講してもらい、その後に外部講師と私で、全国各地で年間20回、シェフ、エリアマネージャー、店長を対象とした研修を実施しました。また、スタッフと本部の間のホットラインを設置し、客観的な立場から、スタッフの意見を聞くことができる体制を整えました。このような取り組みの結果、離職率が大幅に減少したことは、大きな成果だったと思います。


今後の展開について教えてください。

「経営方針発表会」で配布した冊子は、業績、(社員に友人や知人を紹介してもらう)リファラル採用に関する社員インタビュー、全スタッフの部署・顔写真一覧など内容も充実している。


山下氏:将来的には、アルバイトから社員になり、マネージャーになるというようなロールモデルをつくりたいと思っています。そのような環境を整えるのが、本部としての役割だと思っています。
というのも、退職面談をしていると、「学びの場」を欲している方がすごく多いことに気づかされるからです。スタッフの教育・育成、定着率改善というのは、飲食業のように「人の入れ替わりが激しい」と言われる業界だからこそ、取り組んでいくべきだと思っています。現在、一部の研修はアルバイトの方にも業務内として受講できるようにしていますが、当社で長くやりがいを感じて働いてもらえるように、自己成長やキャリアアップの場をさらに提供していきたいと考えています。この体制を整えていくことが目下の目標です。​​​​​​​

記事のPDFをダウンロード>>


関連記事

「MSナビ」で課題と目標がわかる! 売り上げV字回復の肝はサービスと意識の改革

2019-11-28

塚田農場で有名なエー・ピーカンパニーのグループ企業である、株式会社塚田農場プラス。塚田農場らしい生産者の顔が見える素材を使用した弁当事業で存在感を放つ同社は顧客満足度調査「ミステリーショッピングリサーチ」(以下、覆面調査)と従業員満足度調査「サービスチーム力診断」(以下、ES診断)の導入により、一時的に落ち込んだ売り上げをV字回復させた。問題分析と回復戦略はどのようなものだったのか? 代表取締役森尾太一氏、塚田農場OBENTO&DELI・ecute品川サウス店長 神田恭兵氏に、店舗での取り組みと成功の秘訣を伺った。

圧倒的なリピート率を誇る非効率店舗で成長を加速 人手不足の時代に負けない「逆張り経営」を実現するポイントとは

2019-11-14

食を通じ、関わる全ての人に明日への活力”を提供する企業を目指す、株式会社イートファクトリーホールディングス。屋台居酒屋『大阪満マル』をはじめとする飲食事業で、国内外合わせて3業態76店舗(2019年4月現在)を展開する。人手不足が叫ばれて久しい飲食業界において、効率化の真逆を行く経営方針で直営店のみならずFC展開も順調にその数を伸ばし、出店数100店舗をその視野に捉えるなど、成長著しい注目企業だ。あえて時代に逆行する非効率経営での成功ポイントについて、同社取締役兼、事業開発本部長 利川 弘大氏にご講演いただいた。

スタッフの離職率が大幅改善! ES調査の結果に基づく”課題を絞り込んだ取り組み”とは 株式会社トランジットジェネラルオフィス

2019-03-11

株式会社トランジットジェネラルオフィス(飲食業界)のES調査導入事例についてご紹介します。MS&Consultingはミステリーショッパー(覆面調査)や従業員満足度調査などを通じ、企業の業績UPをサポートします!MS&Consultingはミステリーショッパー(覆面調査)や従業員満足度調査などを通じ、企業の業績UPに貢献します!