catch-img

新型コロナウイルスに関する消費者意識調査【3/30】

2021年3月30日から4月4日にかけて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する消費者意識調査を行いました(829名回答)。日々の新規陽性者数が再び増加傾向に転じ、一部地域で初めて「まん延防止等重点措置」が適用されている今、消費者の危機感や意識はどう変わったのか、レポートをご覧ください。

ポイントマーク


  1. 危機感は前回から上昇に転じ、強い危機感を示す8点以上の比率は11月上旬、2月中旬と同じ水準となっている
  2. 大阪・兵庫・京都よりも東京や神奈川・千葉・埼玉の方が危機感が高い
  3. 「居酒屋利用に対する抵抗感」は前回から上昇するも、ファストフード店利用に対する抵抗感」は今回変わらなかった


1.危機感は前回から上昇に転じ、強い危機感を示す8点以上の比率は11月上旬、2月中旬と同じ水準となっている

今回の調査では新型コロナに対する危機感は今までの下降傾向から一転して上昇しました(前回:41.2% ⇒ 今回:44.4%、+3.2pt)。特に8点以上の強い危機感を持つ層は2020年11月上旬、2021年2月中旬と同じ水準となっています。

PCR検査陽性者数とCOVID-19に対する危機感を比較すると、改めて連動していることが分かりました。


【図1】新型コロナ(COVID-19)に対する危機感の分布

「コロナウイルスに対する危機感をどの程度感じていますか?10段階でお答えください。」に対する回答

コロナ凡例

いずれもインターネットによるアンケートリサーチ


【図2】COVID-19に対する危機感の平均値と新規陽性者数の7日間移動平均推移比較

「コロナウイルスに対する危機感をどの程度感じていますか?10段階でお答えください。」に対する回答


2.大阪・兵庫・京都よりも東京や神奈川・千葉・埼玉の方が危機感が高い

男女別で見てみると、男女共に危機感は高まっています。年代別のグラフを見ると、男性は20代、女性は30,40代の危機感上昇幅が大きいことが分かります。


【図3】男女別・新型コロナ(COVID-19)に対する危機感

「コロナウイルスに対する危機感をどの程度感じていますか?10段階でお答えください。」に対する回答


【図4】年代別・新型コロナ(COVID-19)に対する危機感

「コロナウイルスに対する危機感をどの程度感じていますか?10段階でお答えください。」に対する回答


エリア別に見てみると、先に緊急事態宣言が解除された関西圏よりも東京・神奈川・千葉・埼玉の方が危機感は高い傾向にありました。


【図5】エリア別・新型コロナ(COVID-19)に対する危機感

「コロナウイルスに対する危機感をどの程度感じていますか?10段階でお答えください。」に対する回答


3.「居酒屋利用に対する抵抗感」は前回から上昇するも、「ファストフード店利用」に対する抵抗感は今回変わらなかった

前回男女共に和らいだ「居酒屋利用に対する抵抗感」について、今回は男女共に上昇していました。図6に示す通り、特に女性の抵抗感が大きく上昇していました。

一方、同じ飲食でも「ファストフード店」の店内利用については今回抵抗感が高まりませんでした(図7)。ランチや非アルコールの業態は、今後第4波となった時も抵抗感は徐々に高まりにくくなっていく可能性があります。


【図6】居酒屋利用に対する抵抗感の男女別推移

「他のグループと1m以上間隔が空いている場合、”居酒屋”で飲食することに抵抗を感じますか?」に対する回答で「どちらかと言えば抵抗を感じる」~「非常に抵抗を感じる」が選択された比率


【図7】各種サービス利用形態に対する“抵抗を感じる”側の比率

“抵抗を感じる”側の比率…「非常に抵抗を感じる」から「どちらかと言えば抵抗を感じる」までを足し合わせた比率

※この調査では下記5つのシーンで「抵抗を感じるかどうか」を、「非常に抵抗を感じる」から「全く抵抗を感じない」までの7段階で評価をお願いしています。


  1. 他のグループと1m以上間隔が空いている場合、“居酒屋”で飲食すること
  2. 他のグループと1m以上間隔が空いている場合、“ファストフード店(ハンバーガーや牛丼など)”で飲食すること
  3. 店内の換気について『ドアの開放はせずに(換気扇など)空調のみで換気をするお店』
  4. 小売店において、様々なお客様が触れることのできる商品を購入すること
  5. ビュッフェ形式のような、複数のお客様が自分で取り分ける食事形態


MS&Consulting社では消費者意識調査を定期的に行い、感染症対策と経済活動を両立させるヒントとなる基礎データをタイムリーに発信していきます。この大変な時期の一助となれば幸いです。


\この記事を読んでいる方におすすめ/

他記事紹介(居酒屋利用動向調査レポート)


【調査概要】


調査期間(回答数)

  • 第1回:2020年4月14日 (n=375)
  • 第2回:2020年5月15日~16日 (n=1109)
  • 第3回:2020年6月17日~23日 (n=823)
  • 第4回:2020年7月10日~14日 (n=841)
  • 第5回:2020年7月30日~8月3日 (n=833) 
  • 第6回:2020年8月20日~23日 (n=845)
  • 第7回:2020年9月10日~13日 (n=831) 
  • 第8回:2020年9月30日~10月5日 (n=823)
  • 第9回:2020年10月20日~10月27日 (n=824) 
  • 第10回:2020年11月10日~11月12日 (n=829)
  • 第11回:2020年11月30日~12月3日 (n=825)
  • 第12回:2020年12月20日~23日 (n=828)
  • 第13回:2021年1月10日~12日 (n=849)
  • 第14回:2021年1月30日~2月1日 (n=840)
  • 第15回:2021年2月20日~22日 (n=837)
  • 第16回:2020年3月10日~15日 (n=839)
  • 第17回:2020年3月30日~4月4日 (n=829)

調査対象

ミステリーショッピングリサーチに登録している調査員


回答者属性割合

第3回以降は、性別、年代、エリア(1都3県、それ以外)がほぼ均等になるように調査を行っています。

チーフデータサイエンティスト 錦織浩志
チーフデータサイエンティスト 錦織浩志

東京大学大学院工学系研究科を修了後、2012年に株式会社MS&Consultingへ入社。産業技術総合研究所との共同研究にプロジェクト開始当初からプロジェクトリーダーとして参画。社内初のデータサイエンティストとして大量の顧客満足度や従業員満足度の調査データ分析を担当。 所属:株式会社MS&Consulting テクノロジーイノベーション事業本部

もっと知りたい方はこちら

メルマガ会員登録ご案内バナー